「伝えよう!いのちのつながり」作文とは

第4回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 写真2

大阪市旭区内の小中学校の生徒を対象に、 「将来の宝」 であるお子さまたちの「いのちの大切さ」「家族のきずな」を大切に想う心の育成をスローガンとして 2010年(平成22年)から作文の募集をスタートさせていただきました。

旭区内の教育関係者の方々のお力添えにより、回を重ねる毎に応募数が増加し、現在では実に70%以上もの小中学校からご応募をいただいております。
※2019年(令和元年)現在

表彰式では生徒さまご本人に作文をご朗読いただき、「ありがとう」という感謝の気持ちを綴った内容に毎回感動させていただいております。

お子さまはもちろん、大人の方々も 「いのちの大切さ」「家族のきずな」 を見つめ直すきっかけになれば幸いでございます。

入場無料・申込不要でどなたでもご参加いただけますので、ぜひご参加ください。

入選作文表彰式が行われるまでの流れ

作文テーマの決定(3月)
「いのちの大切さ」「家族のきずな」を大切に想う心の育成を基に作文のテーマを決定します。
作文募集期間(5月)
旭区内の小中学校のお子さまから作文を募集します。
入選作文の選考(6月下旬~7月下旬)
1次選考、2次選考、最終選考と3段階に分けて入選作文の選考を行います。
入賞者通知(7月下旬~8月上旬頃)
最終選考を見事に通過し、入賞したお子さまに入選作文表彰式の出欠確認と入賞者朗読練習のご案内をします。

<賞の種類>
最優秀賞(区長賞)、特別賞(青少年育成推進会議会長賞、モラロジー研究所賞)、優秀賞、佳作
入賞者朗読練習(表彰式1週間前)
入選作文表彰式に向け、入賞したお子さまにお越しいただいて入選作文の朗読練習をします。
入選作文表彰式(9月上旬)
入賞者の表彰と入賞者本人による入選作文の朗読を行います。

過去の入選作文表彰式

画像をアップロード

第9回 入選作文表彰式

令和元年9月7日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 3,465通


画像をアップロード

第8回 入選作文表彰式

平成30年2月24日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 4,072通


画像をアップロード

第7回 入選作文表彰式

平成28年9月3日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 3,802通


画像をアップロード

第6回 入選作文表彰式

平成27年9月5日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 4,128通


画像をアップロード

第5回 入選作文表彰式

平成26年9月6日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 3,765通


画像をアップロード

第4回 入選作文表彰式

平成25年9月7日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 3,448通


画像をアップロード

第3回 入選作文表彰式

平成24年9月8日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 2,912通


画像をアップロード

第2回 入選作文表彰式

平成23年9月11日(日)
旭区民センター・大ホール
応募総数 1,708通


画像をアップロード

第1回 入選作文表彰式

平成22年9月11日(土)
旭区民センター・大ホール
応募総数 1,515通


メディア掲載

広報あさひ 令和元年8月号

旭区の広報紙「広報あさひ」にて第9回「伝えよう!いのちのつながり」小中学生 入選作文表彰式の案内が掲載されました。

広報紙画像をクリック、もしくはタップいただくと PDFをダウンロード出来ます。

※閲覧するにはAdobe Readerが必要になります。お手持ちのPC・スマートフォンにインストールされていない場合はこちらからインストールをお願いします。 → Adobeサイトへ

ダウンロードしても閲覧出来ない場合は「市区町村の広報誌がネットやスマホで見れる マイ広報紙」をご覧ください。

広報あさひ 令和元年8月号(第9回「伝えよう!いのちのつながり」小中学生 入選作文表彰式)
広報あさひ 令和元年8月号

主催・共催・後援・協力団体のご紹介

主催大阪旭モラロジー事務所
共催旭区青少年育成推進会議
後援大阪市
大阪市教育委員会
旭区役所
旭区社会福祉協議会
旭区地域振興町会
旭区民生委員児童委員協議会
協力団体旭区PTA協議会
旭区子ども会育成連合協議会
(リンクは大阪市子ども会育成連合協議会)
旭区青少年指導員連絡協議会