第8回 「伝えよう!いのちのつながり」入選作文表彰式

平成30年2月24日(土)14時より旭区民センター・大ホールにて開催いたしました。
会場の耐震補強工事の影響で例年より約半年ほど遅れての開催となりました。

今年度は旭区小中学校生徒数 4,904名のうち、82.3%に当たる 4,036名の作文の応募があり、毎回応募が増える状況に嬉しい限りです。

入賞者16 名の小中学校のみなさん全員、本当に素晴らしい発表をしていただき、感動の時間となりました。

この作文事業が少しでも、より良き絆づくりのお役に立てれば幸甚です。
この行事を通して、私達大人も子どもの頃どれほど親からお世話になり、祈られて来たのか…と再確認させられる…こちらの気づきのための行事だと感じます。
大人の私達も「ありがとう」という感謝の言葉をもっともっと使いましょう!

第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 しおり

表彰式写真

入選作文

最優秀賞(区長賞)

第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 最優秀賞1
ねむれないときに元気をくれた人 / お母さんのお腹から生まれてよかった
第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 最優秀賞2
お母さんのお腹から生まれてよかった(続き)/ 生きている中で感じる家族の大切さ

特別賞(旭区青少年育成推進会議会長賞・モラロジー研究所賞)

第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 特別賞
家族が幸せになるために / いのちの大切さとつながり

優秀賞(区P会長賞)

第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 優秀賞
ぼくのびょうきをささえてくれるかぞく

佳作賞

第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 佳作賞1
おちばはき / おふろそうじをがんばる / パパのため
第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 佳作賞3
気持ちを分かりあえる家族
 
第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 佳作賞5
家族(続き)
第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 佳作賞7
生きていることのありがたさ(続き)/ 一番大切な命

第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 佳作賞2
ありがとう / お母さん ありがとう
第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 佳作賞4
気持ちを分かりあえる家族(続き)/ 家族の幸せ ~自分が出来ること~ / 家族
第8回 伝えよう!いのちのつながり入選作文表彰式 佳作賞6
希望 / 生きていることのありがたさ

メディア掲載

第8回 「伝えよう!いのちのつながり」入選作文表彰式の様子が産経新聞(2018年2月27日) で紹介されました。

下の「記事を拡大して見る」ボタン、もしくは記事の画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が閲覧出来ます。

産経新聞 2018年2月27日(第8回「伝えよう!いのちのつながり」作文表彰式掲載箇所)
産経新聞 2018年2月27日(第8回)

関連記事